TUBUで光と風を取り込む空間

シンプルなカタチに多彩なメリットを込めて

ワンズキューボは建物外周部を中心に構造体力上必要な壁と柱を配置し、建物内部の耐力壁と柱を最小限の配置とする独自の構造設計手法で耐震性を確保しています。これにより、内部の間仕切り壁は自由に配置することが可能となり、将来の家族構成やライフステージの変化にも柔軟に対応できる住まいとなっています。

開口部を2方向に集中させることで、住空間に「TUBU(チューブ)」を作り、内と外の心地よい繋がりを確保。

計画的な窓配置により近隣との「視線障害」を解消し、家具配置に「使える壁」をしっかり確保。

 
PAGE TOP